[PR]

 高校野球の発展に尽くした指導者に日本高校野球連盟と朝日新聞社が贈る今年度の「育成功労賞」に、香川県内から高瀬などで監督を務めた多田博之さん(61)が選ばれた。

 三豊郡財田町(現三豊市財田町)生まれ。高校時代は観音寺商(現観音寺総合)で投手や捕手としてプレーした。3年の夏、香川大会の準決勝まで進んだが、あこがれの甲子園の土は踏めなかった。「どうしても甲子園に行きたい」と、指導者を志した。

 大学卒業後、1982年に観音寺商の監督に就き、その後も三豊工(現観音寺総合)や高瀬などで計32年間、監督を務めた。

 「一人ひとりの能力が高くなくても、懸命に練習すれば勝てる」との信念で指導に取り組んだ。「格上」の学校と競るにはミスを減らすことが肝心だと、選手には捕球や連係プレーなど基本をたたき込んだ。

 特に重視したのが冬場のトレーニングだ。選手時代、冬場に筋トレや走り込みをしてスタミナや打撃力が向上した経験があり、体作りの重要性を感じていた。監督になったばかりの80年代は、冬でも打撃や守備練習に時間を割く学校が少なくなかったが、早くからウェートトレーニングを積極的に採り入れた。

 三豊工では、野球未経験者が部員12人の半分を占めたチームを指導したことがあった。最初はホームベースの向きが分からなかったり、グラブを「ラケット」と呼んで利き手にはめたりする生徒もいた。

 そのチームで夏の香川大会で1勝した。「野球が得意じゃない子たちが苦しい練習を乗り越えた。そんな彼らに勝つ喜びを教えられた。指導者冥利(みょうり)に尽きる瞬間だった」と振り返る。

 指導者としての夏の香川大会の最高実績は観音寺商時代のベスト8という。今春に退職し、甲子園出場の夢はついにかなわなかったが、「不祥事や部員不足もなく、全ての大会に出場できた。それだけで満足です」と話す。

 11日、県高校野球大会の準決勝がある高松市のレクザムスタジアムで、表彰式がある。(平岡春人)