[PR]

 神奈川県内での感染拡大が勢いを増している。感染者が再び増加傾向に転じた6月末以降、30代以下の人の感染が目立つが、徐々に40~50代も増えてきた。県はお盆期間は特に、会食による感染拡大に注意するよう呼びかけている。

 県によると、8日までに県内で発表された感染者3187人のうち、年代別で最も多いのが20代の881人(28%)。以下、30代512人(16%)▽50代478人(15%)▽40代467人(15%)と続く。

 月別でみると、前回の感染の山のピークとなった4月は30代以下が33%、40~50代が37%、60代以上が30%と、ほぼ均等だった。

 ところが6月は、30代以下が68%に上昇。7月は63%にやや下がり、逆に40~50代が6月より7ポイント増の24%に増えた。一方、60代以上は6、7月とも10%台前半にとどまった。

 県は若い世代を中心に、家庭内や職場・会食で感染が広がっていると分析。黒岩祐治知事は今月7日、家庭内でもマスクの着用を心がけるよう求め、「食事中の会話や大声には感染のリスクがある。大人数での会食を避け、食べ物を口にするとき以外はマスクをしてほしい」と、これまで以上の用心を呼びかけた。

 県内では1月16日、30代男性の感染が国内初の事例として発表された後、感染者は4月30日に1千人、その81日後の7月20日に2千人を超えた。県は7月17日に独自の警戒アラートを発動し、県民や事業者に注意喚起したが、2千人突破からわずか18日後の今月7日、3千人を超えた。(茂木克信)