[PR]

(10日、甲子園交流試合 花咲徳栄3―1大分商)

 ◎…両先発の立ち上がりが明暗を分けた。花咲徳栄(はなさきとくはる)の高森はコーナーを丁寧につきながらもストライク先行で3者連続三振。大分商の川瀬は慎重になりすぎ、押し出し死球を含む3四死球などで3失点。以降は走者を出しながらも粘っただけに、もったいなかった。