[PR]

 香港警察は10日、中国に批判的な論調で知られる香港紙「リンゴ日報」創業者の黎智英(ジミー・ライ)元会長を香港国家安全維持法違反容疑で逮捕した。同社など香港メディアが一斉に伝えた。6月末の国安法施行後、メディア関係者が逮捕されるのは初めて。

 香港警察によると、10日朝、39~72歳の男性7人を逮捕した。容疑は、外国勢力と結託し国家の安全に危害を加えたなどとしているが、具体的にどのような行為が容疑になったのかは不明。警察は逮捕した7人の名前を公表していないが、リンゴ日報は黎氏のほか、その息子や同社幹部だと報じている。また警察は同社の家宅捜索を進めているという。

 黎氏は民主派の支持者として知られる。昨年7月には米国のペンス副大統領、ポンペオ国務長官と相次いで会談し、「逃亡犯条例」改正案の撤回に向けて支援を要請した。(香港=益満雄一郎)