[PR]

(10日、甲子園交流試合 花咲徳栄3-1大分商)

 大分商の3番岩崎がチーム唯一の得点への足がかりを作った。六回2死一塁、「どんな球種でもヒットにする」と外角球を右前へ運んで好機を広げ、ここから1点が入った。エースで主将の川瀬を支える副主将はこの日2安打。野手陣のリーダーとして「背中で引っ張ろう」と努力してきた成果を発揮した。

     ◇

 好守備でチームを鼓舞したのが大分商の一塁手・上野だ。四回2死三塁のピンチでフェンスにぶつかりながら飛球をキャッチ。「流れを変えたくて思い切り腕を伸ばした」。新チーム結成当初はメンバー外だった。「ベンチ外の仲間の思いも背負ってプレーした。姿勢でチームを盛り上げる役割は果たせました」