[PR]

(10日、群馬独自大会決勝 桐生第一6―5健大高崎)

 桐生第一の7番打者・星野は、相手バッテリーの傾向を読んでいた。「内角が中心の配球。(左足を)踏み込んで、詰まる前に打つ」。同点の六回2死満塁。外から入ってくる変化球をとらえた。左翼ポール際に飛び込む勝ち越しの満塁本塁打。「自分でもびっくりしています」。試合後も驚きの言葉が出た。

 チームの信条は「誰かのミスを誰かがカバー」。前を打つ川端は、12球も粘った末に空振り三振。毎朝、一緒に練習を続けてきた仲間が倒れ、この打席の星野は余計に燃えていた。

 16日、チームは甲子園交流試合に登場する。「3年生で試合をするのも、あと一つ。いい流れができた」と星野。集大成を前に、勢いをつけた。(井上翔太)