[PR]

 三重県四日市市は10日、市内在住の20~40代の男女5人が、新たに新型コロナウイルスに感染したと発表した。県内の感染者は延べ243人になった。

 市によると、40代女性看護師は、4日に陽性が判明した市内の「主体会病院」の20代女性看護師の同僚。同病院関連の感染者は計4人になった。国のクラスター対策班の専門家などから協力を得て、調査を進めている。

 このほか30代無職の男性と、同居する20代飲食店勤務の女性が9日に陽性が判明。いずれも外出は近隣への買い物のみで、感染経路は不明。別の20代飲食店員の女性は、発症前の2週間、市外には出ていないという。30代会社員の男性は、7月25日と8月5日に市内外の娯楽施設を利用していた。