[PR]

 沖縄県は10日、10歳未満から90歳以上の男女52人が、新たに新型コロナウイルスに感染したと発表した。県内で確認された感染者数は、延べ1184人となった。また入院中の患者3人の死亡が確認され、県内の新型コロナ関連の死者は計10人となった。

 県によると、9日に園児や職員計14人が感染し、クラスター(感染者集団)が確認された宜野座村の保育園で感染が拡大。保護者も含め計28人となった。那覇市の保育園で発生したクラスターでも、10日までに計37人の感染が確認された。

 若年層への感染拡大を受け、県教育委員会は10日、県立学校を12~16日に臨時休校すると発表した。進学や就職を控えた高校3年生は、休校せず短縮授業などで対応する。また那覇市教委も、10日までの夏休みに続き11~16日を臨時休校にすることを決め、保護者に通知した。

 また県は10日、入院中の患者3人の死亡を発表。うち離島の宮古島市の女性は、7日に入院し、9日に容体が急変して亡くなったという。

 県内では重症者が徐々に増え、10日時点で入院患者258人のうち重症者は11人。重症用の病床利用率は50%に達したという。

 一方、県は在沖米軍内での感染拡大に関し、新たに米海兵隊キャンプ・コートニー(うるま市)で1人の感染が確認されたと発表した。米軍の報告を受けた県のまとめによると、7月7日以降の在沖米軍の感染者は7基地で計311人となった。