[PR]

 コロナ禍で中止になった第102回全国高校野球選手権大会の開会式があるはずだった10日、全国一斉に大会歌を歌い、奏でる企画「みんなで『栄冠は君に輝く』」(#みんなで栄冠、朝日新聞社主催)があった。山口市の県立山口高校の合唱部員18人も参加し、つらい時期を過ごした球児や自分たちへのエールを込めて熱唱した。

 山口高合唱部は、休校が明けた5月下旬に練習を再開したが、合唱の県大会や全国大会は軒並み中止に。目標を見つけられずにいた時にこの企画を知り、参加を決めた。部員らはそれぞれの自宅で、ウェブ会議システム「Zoom」を活用するなどして練習に取り組んできた。

 部長で2年生の篠原麗奈さん(16)は企画への参加を決めてから、母の佳奈枝さんが高校2年の時、合唱部員として夏の甲子園の開会式で「栄冠は君に輝く」を歌った経験があると知った。「場所は違うけど、同じ曲を歌うことになって、この曲の歴史を感じた」と篠原さん。

 10日午前には、感染防止のた…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら