[PR]

 上高地(長野県松本市)の小梨平キャンプ場で女性がクマに襲われけがをしたばかりだが、10日、また人が襲われた。県内でクマの出没が相次いでおり、自治体などが注意を呼びかけている。

 10日午前5時50分ごろ、大町市平の木崎湖西岸の市道で、湖畔のキャンプ場に宿泊していた静岡県の女性(59)が1人で散歩中にクマに遭遇し、頭をかまれた。大町署や市によると、女性は出血したが軽傷。また、飯田署によると、松川町上片桐の町道でも9日夜にクマが目撃された。

 環境省中部山岳国立公園管理事務所は10日、上高地で女性を襲ったのはツキノワグマで、8日夜から9日未明にかけテント四つ、タープ一つが被害に遭ったと明らかにした。同事務所などが引き続きわなで捕獲を試みており、ホテルや旅館の宿泊者に夜間外出を控えるよう呼びかけている。

【動画】9日にクマの襲撃があった小梨平キャンプ場の防犯カメラにゴミ箱をあさるクマが映っていた=小梨平キャンプ場提供