[PR]

 サッカーJ1のサガン鳥栖は11日、金明輝監督(39)が新型コロナウイルスの検査で陽性判定を受けたと発表した。発熱などの症状があり、10日にPCR検査を受けて判明した。

 クラブによると、9日夜に38度の発熱があった。10日朝には熱が下がったが、倦怠(けんたい)感があり、佐賀県内の病院でPCR検査を受けて判明した。現在は入院中。保健所から3人が濃厚接触者とされたが、選手にはいない。クラブは念のため、選手やコーチらのPCR検査を実施する予定。11日の練習は中止となった。

 金明輝監督は8日に敵地であった鹿島アントラーズ戦(茨城県立カシマスタジアム)で指揮を執っている。12日にはルヴァン杯1次リーグのサンフレッチェ広島戦(エディオンスタジアム広島)を控えている。

 鳥栖は1日のFC東京戦の前日に発熱があった選手がいたが、PCR検査で陰性だったと発表していた。