[PR]

 (11日、甲子園交流試合 創成館4-0平田)

 身上の守り勝つ野球を、創成館はやり遂げた。ベンチ入りは全員3年。3投手が無失点でリレーし、野手は無失策でもり立てた。

 いい緊張感をもたらしたのは、先発した左腕白水の粘り強い投球だ。二回、2死満塁を内野ゴロで脱し、三回無死一塁は併殺で切り抜けた。「自分の持ち味を生かせたと思う」

 六回からは右横手の坂口。けがで苦しんだが、大舞台に間に合った。「3年間で一番の投球」という稙田(わさだ)監督の言葉に「僕もそうだと思う」と照れた。九回は左腕の前田が締めた。

 自粛期間中は集まれず、シャドー投球や筋トレを地道に続けた。「あると信じた交流試合。そのために練習してきた。うれしい」。坂口は誇らしげだった。

     ◇

 創成館の4番猿渡が仲間のための一打を放った。3点リードの八回2死二塁、次打者は途中出場の主将・上原。初打席の機会をつなぎたかった。追い込まれてから粘って5球目を右前へ。上原もその思いに応え、右前安打を放った。猿渡は「100人以上の部員をまとめてきてくれた。打席を回せて本当によかった」とはにかんだ。