[PR]

 日本との関係も深い香港の民主活動家の周庭(アグネス・チョウ)氏(23)が香港警察に国家安全維持法(国安法)違反の疑いで逮捕されたことを受け、ツイッターでは11日、「FreeAgnes」(アグネス氏を解放せよ)と訴える投稿が拡散している。

 2014年の民主化デモ「雨傘運動」の学生リーダーの一人で民主活動家の羅冠聡(ネイサン・ロー)氏(27)は日本時間の11日未明、自身のツイッターに「拡散希望」と記し、日本語で投稿。「アグネスは一緒に闘ってきた友人の一人です。独裁政権である中国共産党(CCP)は国安法違反「国家分裂」の容疑で23歳の女性を逮捕。彼女は無罪だが、無期刑を受ける可能性がある。日本の皆様のサポートが必要です」と支援を訴えた。

 このツイートは11日夕までに5万4千回以上リツイートされている。また、羅氏は11日早朝、このツイートに続ける形で「#FreeAgnes」のハッシュタグ付きツイートを投稿した。

 羅氏は、国安法の施行を受けて7月、英国へ渡っている。自身も違法集会に参加した罪で起訴されたとしている。

 「#FreeAgnes」を付したツイートは日本を中心に各地で投稿され、作家の乙武洋匡氏や、映画監督の白石和彌氏、タレントのつるの剛士氏らも「民主化を求め、活動することが罪なのか」などとツイート。国会議員からも、自民党の長島昭久氏、立憲民主党の蓮舫氏、共産党の小池晃氏ら与野党問わず、抗議の声が上がっている。(荒ちひろ、杉浦幹治)