[PR]

 宮崎市の宮崎県総合博物館で、体の左右で性別が違うクワガタが展示されている。数万分の1の確率で発生する突然変異で、珍しいという。

 クワガタはノコギリクワガタ。西都市で捕獲され、7月下旬に博物館に持ち込まれた。大きさは普通のノコギリクワガタよりやや小さめ。体のちょうど半分で性別が分かれており、左半分は雄の長い大あごが生えているが、右半分は雌の小さなあごが生えている。脚の長さも雄の方が長く、雌の方が短い。元気よく、飼育槽の中をガサゴソとはい回っている。

 学芸課の竹下隼人主査は「『雌雄モザイク』という突然変異。餌場の縄張り争いなどで不利なため、大きくなるまで育ったのは大変珍しい」と話している。当面の間、博物館で展示する。(神崎卓征)