[PR]

 福岡県内で11日、新たに54人の新型コロナウイルスの感染が確認された。県内で確認された感染者は延べ3138人になった。また県は同日、70代の女性1人の死亡を発表。県内の死者は計38人になった。

 54人の感染者の内訳は、福岡市発表分が29人、北九州市発表分が5人、県発表分が20人。

 県によると、日本経済大福岡キャンパス(太宰府市)の同じサークルの女子学生6人の感染が明らかになった。このサークルではすでに3人の感染が判明しており、クラスター(感染者集団)が発生したとみられる。福岡キャンパスでの感染者は計21人になった。

 クラスターの発生が指摘されている福岡青洲会病院(粕屋町)では、入院していた80代の女性患者1人の感染が新たに判明。同病院の感染は職員や患者ら計19人になった。

 また、県警南署に勤務する30代の男性警察官が感染。北九州市では、戸畑区にある保育園の40代女性保育士の感染が分かり、11日から臨時休園した。