[PR]

 「命のビザ」で知られる外交官・杉原千畝の生誕120年、ビザ発給から80年になるのを記念して、岐阜県商工会議所連合会が9月、リトアニア産のドライフルーツを使ったパンと焼き菓子を限定販売する。

 杉原は岐阜県八百津町出身とされる。第2次世界大戦中、リトアニアでナチスの迫害から逃れようとしたユダヤ人に「命のビザ」を発給した。出身地の縁で、岐阜とリトアニアの経済交流も続いている。

 商品は、同連合会とパンメーカーの「コモ」(愛知県小牧市)が共同開発した。リトアニア産のブルーベリーやコケモモなど4種のドライフルーツを使い、酸味や甘みを醸し出した。コモの技術を生かして生地に天然酵母を使い、保存料なしで60日間保存できる。

 リトアニア人の県国際交流員、…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら