[PR]

 大阪府は11日、府内の3カ所の高齢者施設で新型コロナウイルスのクラスター(感染者集団)が発生した可能性があると発表した。

 同日感染が確認された102人の中には、大阪市、豊中市、松原市の3市内の高齢者施設の職員や利用者ら計12人が含まれていた。これまでの発表で感染経路が不明だとされていた人のうち、この3施設の関係者だと新たに判明した人も合わせると、感染者は大阪市の施設で12人、豊中市の施設で5人、松原市の施設で7人になったという。

 また、クラスターの発生がすでに明らかになっている大阪府池田市の高齢者施設で11日、14人の感染が新たに判明し、計27人となった。