[PR]

 中止となった選抜高校野球大会に出場が決まっていた各校が阪神甲子園球場で1試合ずつ戦う「2020年甲子園高校野球交流試合」(日本高野連主催、朝日新聞社、毎日新聞社後援、阪神甲子園球場特別協力)で、広島新庄は11日、天理(奈良)に4―2で競り勝った。

     ◇

 1点をリードする六回裏、天理に2死一、二塁とされ、広島新庄の左腕エース秋田駿樹君(3年)は両手を上げて大きく伸び、ひと呼吸置いて1番打者の相手主将、下林源太君(同)に向き合った。昨秋の近畿大会では7割近い打率を誇る強打者。「甘く入ったら打たれる」。低めのカーブを投げ、遊ゴロに打ち取った。

 「得意じゃない」からと、多くの練習時間をさいてきた打撃も光った。1点を追う四回表、1死二、三塁の好機。2球目、真ん中のスライダーを強振すると前進守備の一塁手を強襲する適時打に。同点の走者をかえした。

 名将・迫田守昭前監督の指導を受けたいと、地元の岡山県浅口市を離れて広島新庄にやってきた。

 苦しい時期もあった。昨秋に腰を痛め、中国大会はエースナンバーを2年の秋山恭平投手に譲った。「次は取り返そう」。投げたい気持ちを抑え、ランニングなどの基礎練習に打ち込んだ。冬に回復すると、「投げられるのが楽しくて仕方なかった」。

 そして迎えた、夢舞台での特別な一戦。「強打の天理に、自分の投球がどれだけ通じるか試したい」と登ったマウンドで、打者の内角を鋭く突き、低めに集めたテンポのよい投球で抑えた。

 名将は選抜大会の中止決定後の3月末で勇退。「ワンバンを投げる気持ちでボールを気にせずに低めに投げろ」。そんな恩師の指導に沿った投球が、甲子園でできた。「迫田監督への恩返しの気持ちで投げた。『ありがとうございました』と直接言いたい」

 大学でも野球を続ける。「勝ったときのうれしさをもっと味わいたいし、まだ成長したい」(西晃奈)