[PR]

 乗客・乗員520人が亡くなった日本航空のジャンボ機墜落事故から12日で35年を迎えた。遺族らは朝から、現場となった御巣鷹(おすたか)の尾根(群馬県上野村、標高1565メートル)に向かう慰霊登山を始めた。新型コロナウイルスの影響で参加を見合わせる人もいる中、午前8時ごろからマスク姿の遺族らが標高約1400メートルの登山口を出発していった。

 堺市の山岡清子さん(74)と長男直樹さん(53)は、親戚宅から帰宅する途中で亡くなった長女の知美さん(当時16)と次女薫さん(同14)の墓標の隣にサツキを植えた。

 今夏は直前までためらったが、宿泊先が受け入れてくれると聞いて迷いが消えた。「妹たちの一番近くにいられる気がするし、他の遺族からも力をもらえる。この日だけは苦しみや悲しみを忘れさせてくれる」と直樹さん。

 サツキは初夏に花を咲かせてくれる。次の夏に成長した姿を見るのも楽しみだ。2人の墓標に語りかけた。「安らかに眠ってね」

 兄の栗原崇志さん(当時33)の家族3人を亡くした栃木県大田原市の橋本毅さん(66)は愛犬と登った。墓標に兄が好きだったビールを供えてつぶやいた。「命日に登れてよかった。それにしても早すぎた。悲しい」

 東京都の池田香央理さん(28)は、夫莞爾(かんじ)さん(28)と義父の典正さん(60)と、初めて御巣鷹の尾根を訪れた。事故では、典正さんの父隆美さんが53歳で亡くなった。今年の7月に結婚式を挙げるはずだったが、コロナの影響で来年7月に延期。それでも「隆美さんに結婚の報告をしたい」と登ることにした。

 この日は、典正さんが登りながら事故の細かな状況を説明してくれた。悲惨な事故の爪痕の大きさに衝撃を受けた。「しっかり自分たちの子の世代にもつないでいけるように、今日のことを心に刻みたい」と話した。

 東日本大震災で宮城県石巻市立大川小学校に通っていた11歳の娘を亡くした紫桃(しとう)隆洋さん(56)は登るのをためらっていたが、墜落事故の遺族が声をかけてくれて今年も慰霊登山をした。「遺族、地元、企業が色んな形でかかわって供養の場が続くことの意味を改めて感じた。自分たちも命の大切さを訴え続けたい」

 この日の慰霊登山は、密集を避けるため遺族と関係者に限られた。日航が遺族の登山を支援する日程も、例年の8月11~13日に7月後半の2日間を加えて対応した。

 12日夕にふもとで開かれる追悼式典は、例年200人超の参列者を村関係者ら十数人に絞る。墜落した午後6時56分の黙禱(もくとう)や、犠牲者の数と同じ520本のろうそくに明かりをともす様子は、参加できない遺族に向けてインターネットでライブ配信する予定だ。(張春穎、佐野楓)