[PR]

 愛知県瀬戸市にある瀬戸少年院の元法務教官の男(31)が、少年院の宿舎で大麻を栽培したとして大麻取締法違反(栽培)の疑いで東海北陸厚生局麻薬取締部に再逮捕され、名古屋地検が名古屋地裁に起訴していたことがわかった。

 逮捕は7月20日、起訴は同30日。起訴状などによると、元教官の男は現職だった6月19日ごろから29日にかけて、宿舎内の自室で大麻草1株を栽培したとされる。29日、合成麻薬のMDMA1錠を所持したとして麻薬及び向精神薬取締法違反の疑いで同麻薬取締部に逮捕され、7月17日に懲戒免職処分となった。

 法務省名古屋矯正管区総務課(名古屋市)は朝日新聞の取材に「(再逮捕時は)私人でありコメントする立場にない」としている。(藤田大道)