[PR]

 香川県は12日までに、新型コロナウイルスのクラスター(感染者集団)が発生したとみられる松江市の高校と練習試合をした県立高校4校のサッカー部員や監督、コーチ計166人のPCR検査を実施し、全員が陰性だったと発表した。発熱の症状を訴えていた1人も陰性だった。

 4校の部員らはさぬき市や高松市などで立正大淞南高と2、4~7日に練習試合をした。県はこれらの参加者を計155人としていたが、計166人になることが確認されたという。(石川友恵)