[PR]

 立憲民主党との合流を巡り、国民民主党の玉木雄一郎代表が分党を表明したことについて、国民の山尾志桜里衆院議員は12日、「理念と政策が一致しない大きな固まりには参加できない。政策提案型の中道政党ということで頑張っていきたい」と述べ、立憲民主党と合流する新党ではなく、玉木氏と行動を共にする考えを示した。

 山尾氏は今年3月、党運営のあり方について「非民主的」などと批判して立憲を離党。7月に国民に入党した。