[PR]

 墨と筆で「命」を描こう――。世界で活躍する彫刻家の武藤順九(じゅんきゅう)さん(70)が呼びかけた「お絵かき寺子屋」が10日、岡山県津山市であった。小学生とその保護者の計20人ほどが参加した会場には、魔法のような時間が流れていた。

 武藤さんは約半世紀、イタリアを拠点に活動。昨秋、妻の故郷の津山に新たなアトリエを設けた。直後のコロナ禍でイタリアに戻れなくなったのを奇貨とし、「いつかやりたい」と思っていた親子向けのイベントを開くことにした。

 参加者が長さ6メートルの巻紙に描く墨絵の題は「葉っぱのうた」。武藤さんは「葉っぱの『命』を考え、自由に描いて下さい」とだけ求めた。

 自分の力だけで描き切る楽しさ…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

関連ニュース