[PR]

 名古屋家裁は13日、30代の女性事務官が新型コロナウイルスに感染したことを明らかにした。濃厚接触者はいないという。

 家裁によると、事務官の感染が確認されたのは11日夜。6日に発熱し、11日に病院を受診。抗原検査で陽性がわかったという。PCR検査も受け、結果を待っている。

 事務官は家族が発熱したため4日から出勤していなかった。そのため、濃厚接触した職員はいないといい、家裁は執務室などを消毒した上で通常通り業務を続けている。