[PR]

 豊島将之名人(30)=竜王とあわせ二冠=に渡辺明二冠(36)が挑戦する第78期将棋名人戦七番勝負(朝日新聞社、毎日新聞社主催、大和証券グループ協賛)の第6局は14日午前9時、大阪市福島区の関西将棋会館で始まった。3勝2敗とした渡辺二冠が名人位奪取を決めるか、豊島名人が追いついて最終局に持ち込むか、大詰めの一番となる。

 第6局は渡辺二冠の先手番。立会人は谷川浩司九段(58)が務める。(村上耕司、佐藤圭司)

19:00

悠長にはできない名人

 封じ手までの局面について、村山七段は「先手は4八銀が攻めにも守りにも中途半端なので、早く▲5七銀と上がりたい。後手は悠長なことをしていると先手がいい形になるので、早く攻めたいところ」と分析する。

 具体的には△7五歩▲同歩△同…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

【10/13まで】デジタルコース(月額3,800円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら