[PR]

 兵庫県たつの市に本社を構えるランドセルメーカー大手「セイバン」の新社屋(同市龍野町片山)内に、ランドセルの博物館「セイバンミュージアムパーク」(入場無料)がオープンした。大人には懐かしく、子どもには身近なランドセルの歴史や製造の工夫が紹介されており、来場者が絶えない人気ぶりだ。

 セイバンは、背負ってもよい姿勢を保てる「天使のはねランドセル」で知られる国内有数のランドセルメーカー。今年が創業101年目で「次の100年のスタートを切る」(泉貴章社長)との決意のもと、これまで、たつの、宍粟、姫路の各市にあった3工場と、本社を集約した新社屋(敷地約2万2千平方メートル、延べ床面積約8800平方メートル)を建設。工場は7月末から本格稼働し、併設したミュージアムは8月1日にオープンした。

 ミュージアムは三つのエリアから成り、創業以来のランドセル作りの歴史を紹介するエリアでは、ランドセル1個に使う250以上のパーツをモニュメントのように展示し、同社の歴代のランドセルも並べた。

 教室をイメージしたエリアでは…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら