[PR]

 韓国の元慰安婦の女性らが暮らす施設「ナヌムの家」(京畿道広州市)をめぐり、京畿道の官民調査団は11日、運営する社会福祉法人が2015年から5年間で集めた寄付金88億ウォン(約7億9千万円)の大半を不正流用していたとの中間報告を発表した。

 施設の職員が今年5月、運営法人による寄付金の流用を内部告発していた。

 調査団によると、実際に施設の運営に充てられたのは約2億ウォンにとどまった。残りについては、運営法人による一般向けの療養施設の建設や土地の購入などのために蓄えられ、元慰安婦のために直接使われていなかったとみている。京畿道は警察への告発や運営法人の行政処分を行う方針という。

 ナヌムの家は1992年の設立。現在は元慰安婦5人が暮らしている。(ソウル=神谷毅)