[PR]

 大垣市は、新型コロナウイルスの感染が広がる中でも市への移住を検討してもらおうと、オンラインで市内の空き家の内覧や移住相談ができる取り組みを、17日から始める。感染拡大防止に取り組む中で、移動なしで現地を知ってもらう。県内初の取り組みという。

 空き家の内覧は、市の空き家バンクに登録され、所有者の了承が得られた7物件(7月31日現在)が対象。市住宅課の担当者が室内や設備を撮影し、内覧希望者がオンライン会議システム「Zoom(ズーム)」などを利用してリアルタイムに視聴。見たい場所の希望を伝えることができるほか、移住相談もできる。

 平日の午前9時~午後4時に実施し、1物件30分程度。希望日の1週間前までに市住宅課(0584・47・8184)に申し込む。

 内覧とは別に、Zoomなどで…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

【5/11まで】デジタルコース(月額3,800円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら

関連ニュース