[PR]

 新型コロナウイルスの国内感染者は13日午後9時現在で、新たに1175人が確認された。1日あたりの感染者は3日連続で千人を下回っていたが、4日ぶりに千人を超えた。死者は11人増え1077人、入院・療養者は342人減って1万3712人になった。

 新たな感染者が100人を超えたのは、東京都(206人)、大阪府(177人)、福岡県(144人)、神奈川県(123人)、愛知県(109人)だった。

 東京都の感染者が300人を下回るのは4日連続。おおむね3日前の検査件数を反映しており、10日の検査件数はピーク時の3分の1以下の1699件(速報値)だった。これまで6割近くを占めていた20代と30代が計107人で全体の約52%に減り、他の世代にも広がりをみせている。

 神奈川県厚木市の小学校では、児童9人の感染が新たに確認された。これまで教員4人と児童1人の感染がわかっていたが、この児童の同級生など34人にPCR検査を実施して判明した。同校は今月5日に終業式を終えて夏休み中だが、7月末に発熱し、自宅療養していた男性教諭の感染が判明していた。全校児童は495人おり、市教委は他の児童も検査対象にするよう同県などに求めていく方針だ。