[PR]

 関西電力の原発が難題に直面している。40年を超える運転に必要な地元同意は見通しが立たず、福井県外に設ける方針の使用済み核燃料の中間貯蔵施設の計画地点も決まっていない。テロ対策施設の完成が期限に間に合わず、運転できない状態になる原発も。山積する課題への対応が注目される。(堀川敬部、佐藤常敬、八百板一平)

 原発の運転期間は40年が原則で、原子力規制委員会が認めれば、最長20年まで延長できる。関電は、運転開始から40年が過ぎた高浜1、2号機(高浜町)と美浜3号機(美浜町)で運転期間の延長を目指している。

 3基とも規制委から運転延長の認可を得ており、現在、2011年の東京電力福島第一原発事故後の新規制基準に対応するための安全対策工事が続く。高浜1号機と美浜3号機は9月、高浜2号機は21年4月にそれぞれ工事を終える予定で、その後、原子炉を再稼働させ、営業運転に入りたい考えだ。

 再稼働には、地元の町議会や町…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら