[PR]

 太平洋戦争末期の1945年8月14日、大阪の旧国鉄京橋駅周辺が空襲を受け、多くの乗客が犠牲になった。あれから75年。犠牲者の慰霊のため、その現場に居合わせた人たちがそっと手を合わせた。あと一日、終戦が早ければ――。

 疎開先の京都・福知山から列車を乗り継ぎ、一人残った父親を呼び寄せに行くため大阪へ向かう途中だった。国鉄城東線(現JR大阪環状線)の列車に乗り、京橋駅に到着すると、空襲警報のサイレンが鳴った。

 「防空壕(ごう)に入って!」

 安本恒次良(つねじろう)さん…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら