[PR]

 囲碁の第45期碁聖戦(新聞囲碁連盟主催)の五番勝負第3局が14日、東京・市ケ谷の日本棋院であり、挑戦者の一力遼八段(23)が羽根直樹碁聖(44)に160手で白番中押し勝ちした。シリーズ3勝0敗のストレートで碁聖位を奪取し、自身初の七大タイトルを獲得した。

 一力は仙台市出身。碁聖戦を主催する新聞囲碁連盟の加盟紙、河北新報の創業家である一力雅彦社長のひとりっ子。今春、早稲田大学を卒業して同紙東京支社の記者になった。主催紙の記者が主催棋戦のタイトルホルダーになった例は過去にない。宮城県出身の七大タイトルホルダーとしても初めてで、東北出身者では福島県の故・宮下秀洋九段、青森県の工藤紀夫九段に次いで3人目となる。

 2010年、13歳でプロ入り。先を読む力は群を抜き、当初から同じ道場で鍛えた芝野虎丸名人(20)とともに次代を担う若手として期待されてきた。16~18年、七大タイトル戦に5度挑戦したが、いずれも第一人者の井山裕太棋聖(31)に敗れていた。

 6度目で悲願を遂げた一力は「…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

【10/13まで】デジタルコース(月額3,800円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら