[PR]

 鳥取県境港市の水木しげる記念館前で今月から始まった「動く妖怪影絵」が人気だ。記念館や周辺の商店の壁や前庭に、影絵が動きながら映し出される。子どもたちは影絵を追いかけて走り回っていた。

 動く影絵は、魔女が現れてねずみ男を連れ去ったり、「のびあがり」という妖怪が鬼太郎を追いかけたりするようすが約8分間投影される。毎晩、日没から午後10時まで15分おきだ。記念館によると、のびあがりは愛媛県で呼ばれている名前で、見るたびに大きくなって追いかけてくるが、目をそらしたり下を向いたりすると消える妖怪だという。

 11日に家族4人で訪れた倉吉…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら