[PR]

 戦争の惨禍をいまに伝える遺構や痕跡が、四国各地にある。戦後、長年放置されていた建造物などを見つけ、記録に残し、保存を訴えてきたのはそれぞれの地域で暮らす人々だ。15日で敗戦から75年。次世代へと戦争の記憶をつなぐ取り組みは続いている。

香川・防空壕

 瀬戸内海を見渡し、後方を山に…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら