福井)自閉症児、低脂血症の傾向 福井大教授ら研究発表

有料記事

大西明梨
[PR]

 発達障害の一つ「自閉スペクトラム症」の子どもは、血液中の脂質濃度が低い「低脂血症」の傾向にあることが分かったと、福井大子どものこころの発達研究センター、松崎秀夫教授(54)らの研究グループが発表した。研究が進めば、自閉症の治療法の確立に役立つ可能性があるという。

 自閉症は対人関係が不得意などとされ、発症のメカニズムは明らかになっていない。治療は、コミュニケーションの訓練や感情をコントロールする薬の服用などがあるが、根本的な治療法は見つかっていない。

 松崎教授は、2006年から自閉症の研究を開始。診療に役立つ分子を探している中で、自閉症児の血液中の脂質に着目した。

 2~19歳の自閉症児と健常…

この記事は有料記事です。残り258文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません。