[PR]

 持続化給付金事業の第2次補正予算分について経済産業省は14日、委託契約をコンサルティング会社のデロイトトーマツファイナンシャルアドバイザリーと結んだと発表した。契約額は427億円。1次分はサービスデザイン推進協議会に委託した。大半が広告大手の電通に再委託されていたことが批判され、2次分の契約方法を見直した。審査と振り込みの2事業に分割し、いずれもデロイトに委ねる。契約額は審査が416億円、振り込みが10億円という。(新宅あゆみ)