[PR]

 戦後75年の終戦の日、東京・日本武道館で開催の全国戦没者追悼式。新型コロナウイルスの感染拡大で式典の規模は縮小されたが、変わらぬ平和への思いや不戦の誓いを胸に遺族らが集った。

進む遺族の高齢化

 追悼の辞を述べる静岡県遺族会長の杉山英夫さん(82)のもとには、新型コロナの影響で参列できない遺族から「私たちの分まで慰霊をお願いします」との電話や手紙が寄せられた。「参列できなかった人たちの思いも込め、戦没者に聞こえるくらい大きな声で慰霊をする」と意気込んだ。

 梨農園を営む父甚作さんに召集令状が届いたのは1943年。「あぁ来ちゃったな」。父はそう言った。

 すぐ帰ってくるはず。だが、陸…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら