[PR]

 東京都は15日、新型コロナウイルスの感染者を新たに385人確認したと発表した。感染者が300人を上回るのは、2日連続となる。

 都の発表する感染者数はおおむね3日前の検査結果を反映しているといい、12日の検査件数は5200件(速報値)。8月に入って平日の多くが5千件を超える水準になっている。

 385人を年代別にみると、20代が120人、30代が84人で全体の約53%を占めた。ただ40代が55人、50代が48人、60代が21人と続き、中高年世代への広がりもみられる。70代は18人、10代は17人、80代は12人、10歳未満は9人、90代は1人だった。

 小池百合子知事は14日の記者会見で「今年の夏は例年と違う特別な夏でございます。お盆も後半戦に入るが、都民の皆様方には引き続き、旅行、帰省、夜間の会食、遠くへの外出をお控えいただきたい」と述べた。