【動画】相次ぐ集中豪雨はなぜ起こるのか。そのメカニズムを解説します
[PR]

 熊本県の球磨川流域に甚大な被害をもたらした大雨など、7月は日本各地を豪雨が襲いました。中国でも長江流域を中心に4500万人が被災しており、大雨の影響は広範囲に及びます。日本を含む東アジアの気候はどのように変化し、「数十年に一度」の雨が日常となってきた今、豪雨が多い熱帯地方に学べることはあるのでしょうか。気象や地盤工学の専門家に聞きました。

拡大する写真・図版球磨川が氾濫(はんらん)し冠水した熊本県人吉市の市街地=2020年7月4日午後0時3分、朝日新聞社機から、遠藤啓生撮影

「集中豪雨、温暖化の影響も」 遠藤洋和さん

 地球温暖化によるアジアの降水変化を研究している気象庁気象研究所の遠藤洋和さんは、7月に梅雨が活発になって大雨をもたらした理由について「日本付近への太平洋高気圧の張り出しが弱く、梅雨前線が停滞したことが原因」と話します。このこと自体は、年ごとの自然変動によるものですが、熊本のような短時間で集中的に雨が降るような現象については「長期的な温暖化の影響も考えられる」そうです。その理由を解説してもらいました。

拡大する写真・図版気象庁気象研究所の遠藤洋和さん(本人提供)

 ――温暖化で大雨が増えるのはなぜですか

 「温暖化が進むと、気温が上がって大気に含まれる水蒸気が増えます(原因①)。また、地表面や大気の暖まり方の違いにより風の吹き方が変化し(原因②)、将来の雨の量に影響を与えます。短時間に降る雨の強さは、①の水蒸気の量が主に影響するため、温暖化すれば世界各地で大雨が増えると予想されています」

拡大する写真・図版温室効果ガス対策を取らない場合の21世紀末までの降水変化。左は年降水量、右は年間で最も雨の多い5日間の降水量の変化を示す。年降水量は減る地域がある一方、大雨は世界的に増え、日本の増え方が大きいことも分かる=気象庁気象研究所のホームページから

 ――世界的に雨が増えるのですか

 「大雨は世界的に増えますが、…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら