[PR]

 安倍内閣の現職閣僚4人が東京・九段北の靖国神社を参拝したことに対し、韓国外交省は15日、「過去の侵略戦争を美化し、戦争犯罪者を合祀(ごうし)した靖国神社への参拝に深く失望し、憂慮する」との談話を出した。

 談話では、「日本の指導者が歴史を正しく直視し、真の反省を実際の行動で示すべきだ」とも主張。そうした行動が「未来志向的な韓日関係の構築や、国際社会の信頼を得ることにつながる」と指摘した。

 中国の国営新華社通信は同日、4閣僚による参拝は安倍政権で最多だと指摘し、「中国は一貫して日本の政界要人の誤ったやり方に断固として反対し、日本が侵略の歴史を正視し、深く反省するよう促している」と伝えた。(ソウル=鈴木拓也、北京=高田正幸)