[PR]

 (15日、甲子園交流試合 国士舘4-3磐城)

 「積極的に次の塁を狙うのが自分たちの野球」と国士舘の水村。甲子園でもその姿勢を全員で貫いた。

 一回1死三塁。三塁へ打球が飛び、三走の水村は送球間に本塁を狙うが、タッチアウト。だが、引きずらない。三回無死二、三塁で逆転となる2点適時打を放つと、すぐに二盗を成功させた。同点となった六回にも、2年生の清水が先頭で出塁し、ここでも二盗。斎藤の決勝犠飛につなげた。

 この試合3安打2打点1盗塁の水村は「めちゃくちゃ楽しかった。満足です」。真っ黒になったユニホームが、より充実感を引き立たせていた。

     ◇

 国士舘の中西が粘りの投球で完投。「調子は悪かった」というが、永田監督に直訴して九回のマウンドへ。失点してもすぐ取り返してくれた野手への感謝とエースとしての意地を示したかったからだ。最後の打者は空振り三振に仕留めた。自己最速を137キロに更新し、「甲子園は持てる以上の力を出せる場所だった」と喜びをかみしめた。