拡大する写真・図版2019年12月の東京五輪世代の代表による国際親善試合(ジャマイカ戦)でプレーする中山雄太(右から3人目)

[PR]

 延期となった東京オリンピック(五輪)まで、1年を切った。原則23歳までだった出場資格が、24歳以下(U24)に引き上げられたサッカー男子。今回の五輪代表は過去にないほど海外でプレーする選手が多く、タレントがそろう一方で順調にチーム作りが進んでいない印象もある。主将の中山雄太(23)=オランダ・ズウォレ=にチームが抱える課題や、五輪に向けた思いを聞いた。

 ――五輪の1年延期をどう捉えていますか。

 僕らにとっては、非常にアドバンテージになると思います。なぜかというと、僕らが取り組んでいる問題はコミュニケーションの部分で、本来なら初期段階のような課題だからです。そこをクリアにしつつ、チームの総合力を上げることができるような準備期間を1年間、得られたと思っています。

拡大する写真・図版サッカー男子東京五輪代表主将の中山雄太

 ――コミュニケーションの課題は、ベストメンバーで臨み、完敗した昨年11月のU22コロンビア代表との親善試合後に話していましたね。

 僕たちのサッカーができれば、勝つ確率を上げられていたのではないかという思いがありました。なぜ、いいときのサッカーを毎試合、出せないのか。色々と考えて、たどり着いたのがその問題でした。

 ――具体的…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

【1/25まで】デジタルコース(月額3,800円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら