[PR]

 鹿児島県と鹿児島市は15日、新たに男女計15人の新型コロナウイルス感染を確認し、指宿市の病院でクラスター(感染者集団)が発生したと発表した。県内の感染者は合計で296人になった。

 県が14人を、鹿児島市が1人を発表した。県発表の14人は、指宿さがら病院(指宿市)に勤務する20~60代男女13人と、80代女性の入院患者1人。14日に感染が確認されていた南九州市の30代男性職員1人と合わせ、計15人のクラスターが発生したと県は説明した。

 一方、病院側はホームページ上で33人の陽性が判明したと発表している。