[PR]

(15日、甲子園交流試合 倉敷商6-1仙台育英)

 強豪の仙台育英を相手に戦う1試合だけの甲子園。「決勝のつもりだった」と倉敷商の田村は言う。その集中力は高かった。

 1点を先行された直後の四回2死二塁、「投手のために」と中前に同点適時打を放った。先頭の六回は追加点につながる二塁打、七回は優位を決定づける2点適時二塁打と快音を連ねた。救援した2年生左腕永野のリードでは、低めへの意識を徹底させた。ボール球を巧みに振らせ、五回以降の15アウトのうち七つを三振で奪った。

 昨秋の中国大会王者。おごることなく、高みをめざし、公立校として7年ぶりに夏の岡山を制した。「絶対に優勝してから甲子園に行くぞとプレッシャーをかけてきた。そのプレッシャーに勝てないと、仙台育英には勝てないから」と田村。東北の雄を打ち破り、今交流試合で公立勢としての初勝利も挙げた。(竹田竜世)

     ◇

 好救援を披露したのが倉敷商の左腕・永野。四回途中からマウンドに上がると、130キロ台中盤の直球をコーナーに散らし、6回無失点で7奪三振。仙台育英打線を封じ込んだ。2年生ながらエースナンバーを背負う。「先輩たちに悔いが残らないような投球をしたかった。またここに戻ってきたい」