[PR]

(15日、甲子園交流試合 倉敷商6-1仙台育英)

 仙台育英は、最後まであきらめない姿勢を見せた。

 象徴的だったのが、5点差をつけられた後の八回の守備。無死二、三塁で二ゴロを田中が素早く処理し、バックホーム。捕手吉原がタッチして1死。続く打者は遊ゴロ。入江、田中、宮本の遊―二―一で併殺に仕留めて無失点でしのいだ。関わった選手は全員3年生。暑さのなか、点差をつけられても、集中力は途切れなかった。

 主将の田中は言った。「チームとして真剣に勝ちにいった。負けたが、後輩たちにはその中で学んだものを生かしてほしい」