[PR]

 第78期将棋名人戦七番勝負は、渡辺明二冠(36)が名人位を獲得した。第6局で立会人を務めた谷川浩司九段(58)に終局後、感想を聞いた。主なやりとりは、以下のとおり。

――第6局の感想は。

 豊島さんの方が攻めていったタイミングが早かったという感想戦の内容でしたが、それよりも、やはり、渡辺さんの方がうまく咎(とが)めた、といいますかね。(73手目)▲5三歩と垂らすタイミングと、(74手目)△7六歩と取り込まれた時に(75手目)▲7四歩と打ち返すという……。

 あの2手が素晴らしかったです…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら