[PR]

 太平洋戦争の戦地には、連合国の一員だったオーストラリアからも、多くの兵士が送り込まれた。捕虜になり、過酷な経験をした人も少なくない。終戦から75年。「日本を許せるようになった」。豪南部アデレードに住む白寿の男性は、つらい記憶を乗り越え、そんな境地にたどり着いた。

 朝7時すぎ、日本軍の捕虜収容所から数キロ離れた工事現場へ整列して出発する。8時に仕事が始まる。岩山を切り開くのに、作業は人力で、手にはくわ。昼食を挟んで夜まで続く――。

 1943年半ば、22歳だったキース・ファウラーさん(99)は、タイとビルマ(現ミャンマー)を結ぶ泰緬鉄道の建設に動員されていた。現場は、タイ西部の山岳地ヒントク。建設時の難所の一つだった。

 日本軍はビルマへの補給路を確保するため、建設を急いだ。南国の暑く、雨も多い気候のなか、仕事が深夜まで及んだことも多かった。24時間働き続けた日もある。休みは日曜日だけだった。

 食事は3度出たが、炊いた米に、大根が添えてあるくらい。激しい労働と栄養不足でやせ細り、脚気などで体調を崩す者が相次いだ。コレラも流行した。

 ファウラーさんはマラリアにかかった。40度超の高熱が出た日、収容所の仮設病院で一晩中、頭に水を浴び続けた。「それしか、対処するすべがなかった」。翌朝、幸運にも熱が下がった。

 仲間の捕虜が亡くなった、という話は何度も聞いた。だが、悲しむ余裕すらなかった。「朝起きて、働かされて夜、戻ってくる。私たちは、ゾンビのようになっていて、ほとんど話もできなくなっていた。ただ、日本軍を憎んでいた」

 鉄道建設は42年6月から43年10月まで続いた。国立の豪戦争記念館などによると、働かされた豪州人の捕虜は1万3千人。そのうち2800人が亡くなった。

 ファウラーさんは40年、豪陸軍に入った。「若くて冒険心があった」。地元アデレードの機関銃大隊の一員として翌年、中東シリア・レバノン戦線に派遣された。

 42年初め、日本軍が南進するなか、オランダ領東インド(現インドネシア)へ送られた。同年2月、ジャワ島に上陸し、田んぼに機関銃を備えたが、オランダ軍が3月に降伏。ファウラーさんの部隊は戦わずに捕虜になった。

 ここでは働かされることはなかった。だが、命にかかわるような経験をした。

 ある日、収容所の粗末な食事を…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら