[PR]

 第78期将棋名人戦七番勝負(朝日新聞社、毎日新聞社主催、大和証券グループ協賛)を制して、初めて名人を獲得した渡辺明・新名人(36)が、タイトル奪取から一夜明けた16日、大阪市福島区の関西将棋会館で記者会見した。さわやかな笑顔で登場した渡辺新名人は、快活な口調で主催紙記者らの質問に答えた。届いた祝福のメールの多さから「名人位の反響の大きさを感じました」と笑顔を見せた。(佐藤圭司)

拡大する写真・図版名人位を獲得して記者会見に臨む渡辺明新名人=2020年8月16日午前9時2分、大阪市福島区、角野貴之撮影

 ――新名人おめでとうございます。昨夜は早い終局だった。昨日の夜はどう過ごしましたか。

 食事を取って部屋に戻ってからは、メールの返信をしながら朝方まで起きていました。いつも対局日はあまり眠れないので。4時ぐらいに寝て、8時ぐらいに起きた。

――昨日は「まだ(名人になった)実感がない」と繰り返し言っていた。一夜明けてどうか。

 連絡をもらったり返事を出したりしている間に少しずつ、そういう実感も出てきたかなと。これから名人として対局したり仕事したりして、より感じる機会は多くなるのかな。

――あわせて三冠。世間から「将棋界の第一人者」と表現される点について。

 「第一人者」という定義づけがあいまいなところはある。タイトル戦に常時出ている人たちのことをそう言うと思う。そういう意味ではずいぶん前から第一人者だったかな(笑)。

 タイトルの数を三つに戻すことができたのは満足している。6月からタイトル戦が二つ始まって、二つとも負けてしまうようだと、これから厳しくなるんだろうなと思っていた。そういう状況を避けられてほっとしている。

――「現役最強」と言われることも多い。

 言われて悪い気持ちはしないで…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら