[PR]

 不審な荷物の届け先が実は空き室じゃないか――。異変を感じたヤマト運輸セールスドライバーの機転が、特殊詐欺のさらなる被害を食い止めた。川崎市麻生区のアパートが被害金の送り先に悪用されているのを見抜いたとして、神奈川県警は7月28日、同社川崎麻生新百合ケ丘支店に感謝状を贈った。

 6月中旬のことだ。

 荷物を積んで支店を出発した龍野秀平さん(39)の業務用携帯電話が鳴った。

 荷物の受取人を名乗る人物からで、不在なので荷物を宅配ボックスに入れるようにと指示された。

 伝票番号をネットで検索すれば、支店を出発したことやドライバーの電話番号がわかるから、電話があったことはおかしくない。

 不審に思ったのは、こんなことも聞かれたからだ。

 「手袋やマスクはしていますか…

この記事は有料会員記事です。残り503文字
ベーシックコース会員は会員記事が月50本まで読めます
続きを読む
現在までの記事閲覧数はお客様サポートで確認できます
この記事は有料会員記事です。残り503文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
この記事は有料会員記事です。残り503文字有料会員になると続きをお読みいただけます。