[PR]

 東京都は17日、新型コロナウイルスの感染者を新たに161人確認したと発表した。感染者が100人台に減ったのは11日(188人)以来となる。

 161人を年代別にみると、20代が44人、30代が36人と目立ったが、合わせても5割を下回り、幅広い年代で感染が確認された。40代は25人、50代は22人、70代は12人、60代は10人、10代は6人、80代は4人、10歳未満と90代は各1人だった。

 都によると、8日に23人でバーベキューをして感染した20~30代の男女7人が含まれ、最初に感染がわかった1人を含め参加者計8人の感染が確認されているという。また、「体調の悪い友人を介抱したら、その友人が感染していた」という60代男性も含まれているという。

 都内の陽性率は、17日公表時点で5・7%になった。ただ都の担当者は「お盆の時期は、検査態勢や報告態勢など特殊要因がある」と話しており、今後下がっていくかどうかについては慎重な見通しを示している。